ソフトバンクカード現金化が流行ってるそのワケは?

ソフトバンクカード

ソフトバンクカードとは?

利用の度にソフトバンクポイントが貯まるVisaプリペイドカードです。
入会費や年会費が無料で利用しやすく、ネットや店頭でも使えることから利便性が高いです。
ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いのチャージに対応しているので、簡単にチャージできて使い過ぎも防げます。
ソフトバンクカードの登録方法はまず、スマホアプリをダウンロードして導入するのが先決です。
明細やチャージ機能を備えるスマホアプリで簡単に登録を済ませたら、いよいよ便利な活用となります。

ソフトバンクカードの使い道

様々で、オンラインショップの支払いやコンビニのお買い物を始めとして広く活用できます。
ちなみに、ソフトバンクカードはバーチャルカードの他にリアルカードもあって、申し込んで発行してもらえるとVisaカードが使えるお店で利用できるようになります。
オンラインショッピングはバーチャルカードでもお買い物できますし、コンビニはiDが使えるお店であればどこでも利用可能です。

現金化は可能?

という疑問に対する答えは条件つきイエスです。
予めお金をチャージしてお買い物に利用するプリペイドカードのソフトバンクカードは、チャージ方法次第で現金化が実現します。
現金化といっても、ソフトバンクカードそのものを売却するのではなく、利用枠の現金化方法となります。
ソフトバンクソフトバンクまとめて支払い、ワイモバイルまとめて支払いでチャージすると、チャージした金額の支払いは後日行われます。
つまり、これらのチャージ方法はクレジットカードのように、後払いの形でカードの利用を可能にすることを意味します。

具体的な現金化方法

ソフトバンクカードが使えるお店で商品を購入して売却するか、プリペイドカードの現金化に対応する買取専門業者を利用するいずれかとなります。
前者は換金率の高い商品を選ぶのがポイントで、買取の流れはVisaカードが使えるオンラインショップにアクセスして商品を選び、ソフトバンクカードで決済するのが基本です。
当然ですが、ソフトバンクかワイモバイルのまとめて支払いでチャージしておかないとお買い物はできませんし、現金化も実現しないです。

商品の購入に成功したら、次は換金率の高い買取専門業者に申し込み、売却して代金を受け取る形となります。
後者のプリペイドカード対応の買取専門業者の現金化方法は、商品の購入ではなく利用枠を買い取ってもらうやり方です。
利用上の注意点は上限額を超える現金化ができないこと、何度も頻繁に現金化を続けると利用規約違反とされ、ソフトバンクから利用制限などのペナルティが課せられる恐れがあることです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました
DMCA.com Protection Status