Appleギフトカードを現金化!iTunesカードとは何が違う?

アップルストアカード

Appleギフトカードとは

AppleギフトカードとはAppleアカウントの残高にチャージすることができるギフトカードになります。Appleアカウントに残高を追加する際に、Apple製品やサービスの支払いに使うことが可能です。
例えばアプリやゲーム、音楽や映画等の支払いにも利用することができるため、Appleのサービスをよく利用する人にとってはかなり節約にもつながる使い勝手の良いギフトカードといえます。

同じようなものとしてiTunesカードが挙げられますが、iTunesカードとの違いについてよくわからないと言う人も多いかもしれません。

iTunesカードとの違い

本来アップルギフトカードは元はApp Store&iTunesギフトカードと呼ばれる名前だったのです。しかしiTunesカードはAppleStoreで製品を購入するときに使えないものの、アップルギフトカードの場合にはAppleStoreでも使うことが可能です。
アップルギフトカードの場合には、Apple製品、サービスの両方に使うことができます。
制限がないので、iTunesカードと比べるとかなり使いやすいことがわかります。

アップルギフトカードといっても、実は2種類ある。

1つが金額固定タイプ、そしてもう一つが人分で金額を指定するヴァリアブルカードと呼ばれるものです。
金額固定タイプのものは3000、5000、1万円と選ぶことができ、ヴァリアブルカードの場合には1500円から5万円の範囲となっています。
バリアブルカードの場合には決まった金額の範囲内であれば、1円単位で金額を指定することもできます。このカードには有効期限はなく、自分のペースで使うことができます。
しかし使わなければそのまま放置してしまうこともあるため、入手した場合にはできるだけ早めに使った方が良いでしょう。

現金するには?

しかしこのまま使うこともないと言うのであれば、現金化をすることも1つの手段といえます。現金化方法には様々なものが挙げられますが、その1つが現金化専門の買取サイトを利用する方法です。
しかし額面が高額になる場合にはやや手間がかかるものの、AppleStoreでApple製品を購入して転売するのも1つのやり方です。
なぜ現金化専門の買取サイトを利用するのが1番良いのかと言うと、現金化方法が非常に簡単だからです。オンライン上で全てを完結させることができるので、店頭に足を運ぶ必要もありません。利用上の注意点をしっかり守ることで、安全に利用することができるでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました
DMCA.com Protection Status