Apple Storeカードを現金化!iTunesカードとは何が違う?

Apple Storeカード

Apple Storeカードとは

Apple StoreカードとはAppleアカウントの残高にチャージすることができるギフトカードになります。Appleアカウントに残高を追加する際に、Apple製品やサービスの支払いに使うことが可能です。
例えばアプリやゲーム、音楽や映画等の支払いにも利用することができるため、Appleのサービスをよく利用する人にとってはかなり節約にもつながる使い勝手の良いギフトカードといえます。

同じようなものとしてiTunesカードが挙げられますが、iTunesカードとの違いについてよくわからないと言う人も多いかもしれません。

iTunesカードとの違い

本来アップルギフトカードは元はApp Store&iTunesギフトカードと呼ばれる名前だったのです。しかしiTunesカードはAppleStoreで製品を購入するときに使えないものの、Apple Storeカードの場合にはAppleStoreでも使うことが可能です。
Apple Storeカードの場合には、Apple製品、サービスの両方に使うことができます。
制限がないので、iTunesカードと比べるとかなり使いやすいことがわかります。

Apple Storeカードといっても、実は2種類ある。

1つが金額固定タイプ、そしてもう一つが人分で金額を指定するヴァリアブルカードと呼ばれるものです。
金額固定タイプのものは3000、5000、1万円と選ぶことができ、ヴァリアブルカードの場合には1500円から5万円の範囲となっています。
バリアブルカードの場合には決まった金額の範囲内であれば、1円単位で金額を指定することもできます。このカードには有効期限はなく、自分のペースで使うことができます。
しかし使わなければそのまま放置してしまうこともあるため、入手した場合にはできるだけ早めに使った方が良いでしょう。

Apple Storeカード現金化方法

しかしこのまま使うこともないと言うのであれば、現金化をすることも1つの手段といえます。現金化方法には様々なものが挙げられますが、ここでは全部で3つの現金化方法を紹介していきます。

オークションサイトで出品し転売する方法

Apple Storeカードなどの電子ギフト券は専用のオークションサイトが存在します。
オークションサイトでは自分の好きな換金率での出品が可能で高い換金率が見込めます。
しかし、あくまでオークションサイトなので、必ず好きな換金率で売れるとは限りません。
その電子ギフト券毎の相場があり、相場より高い%では売れません。
相場が低ければ自ずとその数字に合わせるしかないのです。

また登録などにも本人確認書類のアップや電話での本人確認、振込先の登録などの手間もあるのあまりおすすめできません。

自分でアップル製品を購入し転売する方法

AppleギフトカードはそもそもApple製品の購入に使うためのギフト券です。

換金率の高いApple製品を使わない無い手はありません。

Apple製品は専門の業者で買い取りをしています。

製品別の買い取り価格がHPで公開されていて、買い取り不可の条件や減額条件なども明確です。

なので、製品を購入前に予め目星をつけておくことができます。

店頭持ち込みによる買い取りもできますが、郵送による買い取りも行っているので、持ち込みよりは郵送がメインになるかと思います。

現金化専門の買取サイトへ依頼する方法

Apple Storeカードの現金化において最も効率的に現金化できる方法は専門の買取サイトへ依頼することです。

電子ギフト券の買取サイトは数多く存在し、競争率も高いです。そのためサービスレベルの向上が著しく、どの業者を選んでも十分なサービスを受けることができます。
業者毎の当たり外れが少ないのはとても良いことです。

事実買取サイトの利用では申込から入金まで最短30分以内の業者がほとんどです。

また相場もApple Storeカードの場合80%前後となっているのでその他の換金方法と比べても遜色ありません。

自分でサイトへ登録したり、商品を購入し転売するよりも、手間や時間を考えても圧倒的に効率的です。

Apple Storeカード現金化のまとめ

Apple Storeカードを現金化するのは3つの方法がありました。

もし手元に使わなくなった、貰ったけど使い道がない、そんなApple Storeカードがあれば、紹介した方法で現金化を試してみてください。

満足のいく利用ができるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
DMCA.com Protection Status